岩手県矢巾町上下水道課 水道やはば

がんばろう岩手

下水道事業のご紹介

下水道事業の概要

 汚水を流す管から浄化する施設までを「下水道」と総称していわれます。
 矢巾町では下水道を「公共下水道」と「農業集落排水」の2通りによる方式で整備しています。

公共下水道

 矢巾町における公共下水道は、盛岡広域で行っている汚水処理です。
 盛岡広域下水道は、昭和47(1972)年、盛岡市・都南村・玉山村・滝沢村・矢巾町を区域として計画が立てられましたが、翌昭和48(1973)年に北上川上流流域下水道計画となり、雫石町が加わり整備が始まりました。
 矢巾町では昭和49(1974)年から着手しました。この広域処理施設は昭和55(1980)年3月に都南村見前に都南浄化センターとして完成しました。計画人口40万人、最大1日32万立方メートルを処理できる能力を備えています。
 現在、矢巾町の公共下水道事業は、土地区画整理事業区域内や市街化調整区域の一部などの整備を行っており、それ以外の市街化区域はほぼ完了しています。

農業集落排水

 農業集落排水とは、農村地域の生活環境整備を目的として、公共下水道整備対象とならない地区の汚水処理をする施設のことです。
 最初の施設整備は、農村総合整備モデル事業矢巾地区として、農業集落道、農業用用排水路施設、農村公園施設の整備と併せて昭和49(1974)年に計画策定され、昭和51年のモデル事業着手から4年後に農村地域の環境整備としては、県内で初めての農業集落排水として、室岡地区を対象に昭和55(1980)年に着手、昭和58(1983)年完成にて供用開始となりました。
 完成した室岡処理場は、土壌被覆型接触循環ばっ気方式で530人(86戸)を対象として、計画処理能力204.88立方メートル/日で稼動を開始しました。
 その後は矢次、間野々、下赤林、西郷と5地区を整備し稼動してきています。
 更には、定住人口の増加により施設容量が不足となってきたことと室岡地区の上流域の地区(岩清水、舘前、和味、桜屋)を含めて処理する施設を建設することを平成12(2000)年に計画し、平成14(2002)年から不動地区として着工しました。
 平成16(20004)年には室岡地区を包括した、計画処理人口2,280人(417戸)、計画処理能力611立方メートル/日の不動浄化センターが完成、汚水管路についても平成19(2007)年に完成しました。

【汚水処理人口・普及状況(昭和63年~平成19年)】

矢巾町の下水道は、市街地の公共下水道と農村地域の農業集落排水に分けられます。

公共下水道

 公共下水道に流された汚水は、盛岡市都南にある都南浄化センターで盛岡市・雫石町・滝沢村から流れてきた汚水と一緒に浄化されます。

都南浄化センター(盛岡市)

 都南浄化センターは公益財団法人岩手県下水道公社により管理運営がされております。
 詳しくは公社のホームページをご参照ください。(http://www.isf.or.jp/

農業集落排水

 農業集落排水は、公共下水道では汚水処理が難しい地域を矢次地区、間野々地区、矢巾西郷地区、不動地区に分け、各地区ごとに処理施設を設置し、汚水の浄化を行っています。

矢次処理場

処理区域 矢次
供用開始日 昭和63年7月20日
処理方式 接触ばっ気方式(JARUS-Ⅲ型)
処理能力 256立方メートル/日
計画区域 156ヘクタール
計画戸数 147戸
計画人口 950人

間野々浄化センター

処理地域 間野々、土橋、西徳田2区、東徳田1・2区
供用開始日 平成6年11月29日
処理方式 回分式活性汚泥方式(JARUS-XI型)
処理能力 700立方メートル/日
計画区域 629ヘクタール
計画戸数 509戸
計画人口 2,590人

下赤林浄化センター

処理地域 下赤林
供用開始日 平成8年7月1日
処理方式 沈殿分離及び接触ばっ気を組み合わせた方式(JARUS-I型)
処理能力 92立方メートル/日
計画区域 78ヘクタール
計画戸数 74戸
計画人口 340人

西郷浄化センター

処理地域 白沢、北郡山、太田、南煙山
供用開始日 平成14年7月1日
処理方式 連続流入間欠ばっ気方式(JARUS-XIV型)
処理能力 392立方メートル/日
計画区域 533ヘクタール
計画戸数 317戸
計画人口 1,450人

不動浄化センター

処理地域 室岡、岩清水、和味、桜屋、舘前
供用開始日 平成16年7月1日
処理方式 連続流入間欠ばっ気方式(JARUS-XIV型)
処理能力 611立方メートル/日
計画区域 610ヘクタール
計画戸数 417戸
計画人口 2,280人
Copyright © SUIDOU YAHABA All rights reserved.